更年期症状を乗り切るためのマットレスの利用方法

女性には更年期障がいが訪れます。

なんでもいいので静かにベットに横にならせてほしい。。。

という気持ちは一度経験した女性にしか理解できないものです。同じ女性でも20代までの若年層と、30代以降の女性とでは経験が違うので理解できない範囲であると言えます。

同じ女性でも感じ方の違いにより自身の体調に鈍感な人もいるので女性ならみんな同じと捉えて、他人をはかることも無意味です。

ただし経験した人は口を揃えてもう大人しく寝かせておいてほしいだけといいます。

就寝時間以外にも横になる時間が多い女性に優しい寝具とは どのようなものでしょうか。

そもそも、更年期の症状は不眠、イライラ、めまい、ほてり、動悸、手足の冷え、腰痛、月経異常。。。。自律神経の乱れ、血行不良というように多岐にのぼります。

腰や背中の慢性的な痛みも若年層に比較して頻度が高くなります。

寝具に横になる時間が長いというだけではなく骨粗しょう症による骨の変形から来る腰痛もあるのかもしれません。姿勢によって痛みが変わるときは腰椎が変形している恐れもありましょう。こうした一時的とはいえない場合には早めに整形外科を受診しましょう。

さて、女性が具合の悪い時に腰痛になり横になる時に便利なマットレスが、畳の上からフローリング、ベットマットレスに絨毯の上に簡単に敷くことのできる用途の広い布団がおすすめです。

機能性は耐圧分散、極厚17センチ&5層構造(両面凹凸マット)床でもベッドでも使えることがポイント。

急に午後から具合が良くないという時にもすぐに敷くことができるものがおすすめです。

実際にベットに入ると完全に病人のようになってしまうのでリビングに強いておくと辛い時に横になることが可能です。

なぜ横になろうとしてしまうのか。。。

はホルモンの分泌が関係しているのかもしれません。

とにかく辛い、思考の停止、人に会いたくない、意欲がなく体が動きにくいなど。。経験した人しかその有様はイメージしがたい状態にまで陥ります。

ソファーでも一時的に横になることもできますが、疲れではなく体調不良はお布団で療養することに越したことはありません。

女性の更年期障がいに向けたマットレスのおすすめは、ポイント1 持ち運びができる布団であること

ポイント2 長時間横になり寝返りが少ないので体圧分散が可能なものであること。

ポイント3 フローリング、畳、マットレスと用途の多様な敷きマットレスがいいこと。

このようなポイントが家に置いておくマットレスの選び方のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です