環境やメンタルの悪化で起こる腰痛に対し解決法はあるか

普段は調子も良く全く気にせず過ごせていた腰痛持ちの腰も、環境やメンタルが変われば一気にその症状が表に出てきてしまうケースもあります。

気温や気圧を始めとした気象条件の変化がその典型的な例ですし、不安や緊張が続く様な状況下でも十分それは起こり得ます。

私は詳しい原因を知りませんが、腰回りの血流の変化や腰を取り巻く筋群の過度な緊張等、かなりデリケートな要因が潜んでいるに違いありません。

私の場合、どんなに姿勢を崩していても、その状態が長時間続いたとしても、メンタルが安定しリラックス出来ているという自覚があれば、そう腰が痛むという事はありません。逆にどんなに姿勢を正していても、メンタル的に緊張や不安が続いていると次第に腰に痛みや張りを感じるケースが多く、身体の複雑なシステムを実感する事になります。

天候の変化で腰に痛みや張りが出たというケースも殆ど無く、その点から見れば、私の腰痛はメンタルの状態に左右され易いという事が言えるでしょう。

また、メンタルが悪い方向に向かうと悪化する体調は腰だけに留まらないのが普通。

多くの場合、腰痛と共に腹痛やお腹にガスが溜まる様な不快感が現れ、酷い時にはそのまま下痢に移行してしまうパターンもあります。またストレスからか股間が縮み上がった様になり、頻尿気味になってしまうというのも辛い傾向です。

それらに対し考え付く幾つかの対策を試してみましたが、結局一番効いたのは長時間のぬるま湯あるいは温泉入浴。

全身をじっくり温めるのを何回かに分けて繰り返す事がベストの様で、腰痛だけでなく腹痛や頻尿も同時に楽になってゆくのを感じます。

ただサウナを利用し急激に身体を温め、また一気に汗をかくと、得てしてその直後に腹痛が出てしまうケースもあり、一応注意はしています。いずれも基本的には大変気持ち良いリラックス手段ですから、上手く習慣化して活用していきたいところです。

メンタルの変化による腰痛の悪化に関しては、その根本的原因であるメンタル悪化の元を断たなければダメ、という感じですが、それは仕事を始め生活の基盤に直結している事もあり、そう簡単に離れたり辞めたりは出来ないというのが辛いところ。

せめてそれ以外の時間、それらメンタル悪化の原因を綺麗に忘れ去る事が出来れば文句無いのですが、現在はその大きな突破口とすべく、オフに時間を忘れ熱中出来る趣味、それも出掛ける際は温泉入浴とセットで楽しめるジャンルを探しているところです。上手い事見付かれば良いのですが…