子供用マットレスをえ選ぶときに外せないポイント

子供が二人以上になると二段ベットを使うことにするという家庭も多いものです。二段ベットは部屋の面積を有効に使うためにも便利な家具であるからです。

そもそも子供の身体特徴は柔軟性と言えるほど、筋肉も骨ともに柔らかくできているものです。乳幼児が椅子に座ったままの姿勢で食事中にウトウト寝だすということもありますが、大きくなっても意外とどこでも眠れてしまうのです。

だからといってもマットレス選ぶを適当にして良いというわけでもなく、子供の発育に適切なマットレスを選んで与えてあげる必要性があります。

子供用マットレスも大人と同様に硬すぎず、柔らかすぎずという柔軟性が選ぶときには重要になります。

子供ではまだマットレスの好みも区別できないことも多く与えてもらえるものが適切なものと思い込んでしまいがちです。

そこで子供用マットレスの選び方をまとめてみました。

ポイントその1

高反発マットレスは子供ようにもオススメ

一般にまだ成長途中で体重が大人よりも軽めの子供は、低反発マットレスで充分と思いがちですが硬めのマットレスが子供にはオススメです。

乳幼児の窒息を予防するという意味でも硬めのマットレスは選ばれていますが、そこそこ硬めのマットレスの方が成長には良いのです。

通常60キロ以下の体重では、100?150ニューロン反発マットレスを選ぶようにします。子供でも安眠できる条件は大人と同じです。

直立不動になった体勢でS字カーブを背骨が描ける状態が寝相としても適切と言われています。

ポイントその2

抗菌、防ダニ。。

子供は大人よりも体全体の白癬菌に感染しやすいと言われています。とくに頭髪の白癬菌はシラクモと呼ばれており、大人よりも子供の感染率が高いことがわかっています。

寝具で感染することもあり、抗菌をはじめとした衛生管理は大切な条件になります。

なくてもいいけど、こうした吸水性や防ダニ機能はあったほうが良いという条件です。

ポイントその3

二階建てベットにあうマットレスを選ぶ。三つ折りマットレスも便利

マットレスを使用してから後悔していることには、マットレスのお手入れが大変であることがあります。まず通気性を良くしたり、裏表を変えたりするために多大なエネルギーが必要です。女性や子供だけでは持ち上げられないマットレスも多く、そのぶん折りたたみ式であれば便利です。

2段ベットにはすでにマットレスが付いているものもありますが、購入前にいちど条件や心地も見てから決めましょう。

宅の寝室のベットマットレスのメンテナンス方法

時々、ベットマットレスを長年の間設置したままにしている家庭が見受けられることもあるのですが、寝室のベットマットレスは家庭でもこまめにお掃除する必要性があるものです。

とはいえ、ベットマットレスは大きく重量もそれなりにありますから、一人で動かそうと思えば力がいります。頑張って一人で移動させる人もいますが、家族に持ち上げてもらいながら移動させましょう。

マットレスのお掃除はまずベットを置いていた面に風通しを入れることが大切なポイントです。

とくに春先から夏にかけては、梅雨の期間も挟むので、湿気がこもりがちです。

室内環境が風通しのよい部屋である恵まれた立地であるとも限らないものですよね。とくに畳の部屋にベットを設置している場合には、湿度を一番に懸念する必要がありそうです。

二大天敵カビとダニ対策に

湿度がこもるとカビが生じてきます。畳にマットレスを直においているケースでは裏面にいつの間にかカビが発生していることが多いのです。

さらにベットマットレスの放置での害はカビだけでもありません。ダニの存在も忘れてはなりませんよね。

ダニは生存死骸問わず人体に有害なものとして認知されていますよね。

専門家のリサーチではダニが一匹とも見つからない家庭は0という報告結果もあるようです。

さて、ダニとカビという人の健康を害する恐れのある有害物を近ずけないためにも数ヶ月に一度からのお掃除が必要というわけなのです。

とりたてて難しいお手入れは必要がないのです。強いて言えば、マットレスを移動させて床面のお掃除、マットレスのお掃除の両方をこなすと終わりです。

マットレスの面は掃除機で清掃します。さらにマットレスは裏表の2面をひっくり返して使います。三ヶ月に一度は面を変えて使えばスプリングの持ちも長く、コスパはよいと言えます。

ペットが汚したときは?

もしもペットが粗相をしたら。。。

ときどきうさぎを飼う飼い主さんがマットレスをトイレ代わりにされて汚物で汚れてしまったという人もいます。

このようなとき、早めに濡れタオルでマットレスの汚れを叩いてシミ抜きに着手しましょう。次第に落ちてくるので根気よくシミ抜きを行います。

すると、次第に汚物の着色も色抜けてくるのでおすすめです。

もしも、時間がないのなら専門家に相談してシミ抜きを行ってもらいましょう。

依頼するそんなときでも時間が経過しないうちに、家庭で落とす努力もしておくとよいですよ。

濡れタオルを置くだけでもシミが移動させることが望まれます。