父と母との思い出、マニフレックスのマットレスで眠る

父が末期がんの治療を終え退院。

腰が痛いというので「マニフレックス」の高反発マットレスを購入することにした。

知り合いの家具屋さんに使い勝手のいいベッドをお願いすると、マニフレックスのマットレスも取り扱っているというので一緒に届けてもらうよう依頼する。

マニフレックスを注文するので2週間後くらいになるといわれ承諾。

父に「腰の痛みが少しはましになるといいね」というと

「ありがとう・・・。」と少し微笑んで答えてくれた。

退院してきた父は、よく食べよく笑った。

私は仕事もあったので安心して実家を後にした。

父が急変したのは、私が大阪に帰った3日後だった。

よく食べよく笑っていた父が、電話にもでなくなった。

私は急いで実家に戻る。父はすでに病院のベッドの上だった。

病院にかけつけたとき、父は意識がなく酸素吸入をしていた。

後悔した。

「もっと傍にいればよかった」

「仕事が何よ」

「ごめんなさい。ごめんなさい。」

病院のベッドに横たわっている父に泣きながらしがみついた。

その晩は、病院のベッドで父と一緒に眠った。

病院のマットレスはこんなに薄いんだと体感する。

父が退院したら、マニフレックスで眠らせてやれる。

小さな親孝行を私は嬉しく思っていた。

父の横でいろんな話をしたが、父の反応はなかった。

次の朝、父の容体が悪化する。

「あと、もって1週間ほどです」担当医がいう。

その言葉が信じられずにいた。頭が真っ白になる。

看護師さんに

「連絡できるかたに早めに連絡されたほうがいいです」

その言葉に押され、母や兄、入院している妹に連絡する。

父は妹を待っていたかのように、妹が到着して10分後に息をひきとった。

末期の肺がんだったけど、痛み止めもせず誰にも我儘をいわず旅だった。

看護師さんに聞くと「お家で随分と痛みがあったはずです」という。

母に聞くと「そんな苦しそうにはしてなかった」といった。

辛抱強い父らしい最期だった。

実家に帰り葬儀の準備で慌ただしくしていると運送業者から大きな荷物が届く。

「マニフレックス」のマットレスと通気性のよいベッド。

「もっと早くに頼めばよかった」

「なぜ、2週間後でもいいといってしまったのだろう」

父は一度も楽しみにしていたマニフレックスのマットレスで寝ることはなかった。

しかし、父がした母への最後のプレゼントだったのかもしれない。

父が他界した後、母がそのマットレスで眠るようになった。

母がいう「お父さんが残してくれたんかね。新しいまま私に使えっていってくれたんかね」

母は嬉しそうにマニフレックスのマットレスで眠るようになった。

【現在母は認知症のためグループホームに入所。しかし、帰省するたび今度は私が使わせてもらっている】

環境やメンタルの悪化で起こる腰痛に対し解決法はあるか

普段は調子も良く全く気にせず過ごせていた腰痛持ちの腰も、環境やメンタルが変われば一気にその症状が表に出てきてしまうケースもあります。

気温や気圧を始めとした気象条件の変化がその典型的な例ですし、不安や緊張が続く様な状況下でも十分それは起こり得ます。

私は詳しい原因を知りませんが、腰回りの血流の変化や腰を取り巻く筋群の過度な緊張等、かなりデリケートな要因が潜んでいるに違いありません。

私の場合、どんなに姿勢を崩していても、その状態が長時間続いたとしても、メンタルが安定しリラックス出来ているという自覚があれば、そう腰が痛むという事はありません。逆にどんなに姿勢を正していても、メンタル的に緊張や不安が続いていると次第に腰に痛みや張りを感じるケースが多く、身体の複雑なシステムを実感する事になります。

天候の変化で腰に痛みや張りが出たというケースも殆ど無く、その点から見れば、私の腰痛はメンタルの状態に左右され易いという事が言えるでしょう。

また、メンタルが悪い方向に向かうと悪化する体調は腰だけに留まらないのが普通。

多くの場合、腰痛と共に腹痛やお腹にガスが溜まる様な不快感が現れ、酷い時にはそのまま下痢に移行してしまうパターンもあります。またストレスからか股間が縮み上がった様になり、頻尿気味になってしまうというのも辛い傾向です。

それらに対し考え付く幾つかの対策を試してみましたが、結局一番効いたのは長時間のぬるま湯あるいは温泉入浴。

全身をじっくり温めるのを何回かに分けて繰り返す事がベストの様で、腰痛だけでなく腹痛や頻尿も同時に楽になってゆくのを感じます。

ただサウナを利用し急激に身体を温め、また一気に汗をかくと、得てしてその直後に腹痛が出てしまうケースもあり、一応注意はしています。いずれも基本的には大変気持ち良いリラックス手段ですから、上手く習慣化して活用していきたいところです。

メンタルの変化による腰痛の悪化に関しては、その根本的原因であるメンタル悪化の元を断たなければダメ、という感じですが、それは仕事を始め生活の基盤に直結している事もあり、そう簡単に離れたり辞めたりは出来ないというのが辛いところ。

せめてそれ以外の時間、それらメンタル悪化の原因を綺麗に忘れ去る事が出来れば文句無いのですが、現在はその大きな突破口とすべく、オフに時間を忘れ熱中出来る趣味、それも出掛ける際は温泉入浴とセットで楽しめるジャンルを探しているところです。上手い事見付かれば良いのですが…

子供用マットレスをえ選ぶときに外せないポイント

子供が二人以上になると二段ベットを使うことにするという家庭も多いものです。二段ベットは部屋の面積を有効に使うためにも便利な家具であるからです。

そもそも子供の身体特徴は柔軟性と言えるほど、筋肉も骨ともに柔らかくできているものです。乳幼児が椅子に座ったままの姿勢で食事中にウトウト寝だすということもありますが、大きくなっても意外とどこでも眠れてしまうのです。

だからといってもマットレス選ぶを適当にして良いというわけでもなく、子供の発育に適切なマットレスを選んで与えてあげる必要性があります。

子供用マットレスも大人と同様に硬すぎず、柔らかすぎずという柔軟性が選ぶときには重要になります。

子供ではまだマットレスの好みも区別できないことも多く与えてもらえるものが適切なものと思い込んでしまいがちです。

そこで子供用マットレスの選び方をまとめてみました。

ポイントその1

高反発マットレスは子供ようにもオススメ

一般にまだ成長途中で体重が大人よりも軽めの子供は、低反発マットレスで充分と思いがちですが硬めのマットレスが子供にはオススメです。

乳幼児の窒息を予防するという意味でも硬めのマットレスは選ばれていますが、そこそこ硬めのマットレスの方が成長には良いのです。

通常60キロ以下の体重では、100?150ニューロン反発マットレスを選ぶようにします。子供でも安眠できる条件は大人と同じです。

直立不動になった体勢でS字カーブを背骨が描ける状態が寝相としても適切と言われています。

ポイントその2

抗菌、防ダニ。。

子供は大人よりも体全体の白癬菌に感染しやすいと言われています。とくに頭髪の白癬菌はシラクモと呼ばれており、大人よりも子供の感染率が高いことがわかっています。

寝具で感染することもあり、抗菌をはじめとした衛生管理は大切な条件になります。

なくてもいいけど、こうした吸水性や防ダニ機能はあったほうが良いという条件です。

ポイントその3

二階建てベットにあうマットレスを選ぶ。三つ折りマットレスも便利

マットレスを使用してから後悔していることには、マットレスのお手入れが大変であることがあります。まず通気性を良くしたり、裏表を変えたりするために多大なエネルギーが必要です。女性や子供だけでは持ち上げられないマットレスも多く、そのぶん折りたたみ式であれば便利です。

2段ベットにはすでにマットレスが付いているものもありますが、購入前にいちど条件や心地も見てから決めましょう。

宅の寝室のベットマットレスのメンテナンス方法

時々、ベットマットレスを長年の間設置したままにしている家庭が見受けられることもあるのですが、寝室のベットマットレスは家庭でもこまめにお掃除する必要性があるものです。

とはいえ、ベットマットレスは大きく重量もそれなりにありますから、一人で動かそうと思えば力がいります。頑張って一人で移動させる人もいますが、家族に持ち上げてもらいながら移動させましょう。

マットレスのお掃除はまずベットを置いていた面に風通しを入れることが大切なポイントです。

とくに春先から夏にかけては、梅雨の期間も挟むので、湿気がこもりがちです。

室内環境が風通しのよい部屋である恵まれた立地であるとも限らないものですよね。とくに畳の部屋にベットを設置している場合には、湿度を一番に懸念する必要がありそうです。

二大天敵カビとダニ対策に

湿度がこもるとカビが生じてきます。畳にマットレスを直においているケースでは裏面にいつの間にかカビが発生していることが多いのです。

さらにベットマットレスの放置での害はカビだけでもありません。ダニの存在も忘れてはなりませんよね。

ダニは生存死骸問わず人体に有害なものとして認知されていますよね。

専門家のリサーチではダニが一匹とも見つからない家庭は0という報告結果もあるようです。

さて、ダニとカビという人の健康を害する恐れのある有害物を近ずけないためにも数ヶ月に一度からのお掃除が必要というわけなのです。

とりたてて難しいお手入れは必要がないのです。強いて言えば、マットレスを移動させて床面のお掃除、マットレスのお掃除の両方をこなすと終わりです。

マットレスの面は掃除機で清掃します。さらにマットレスは裏表の2面をひっくり返して使います。三ヶ月に一度は面を変えて使えばスプリングの持ちも長く、コスパはよいと言えます。

ペットが汚したときは?

もしもペットが粗相をしたら。。。

ときどきうさぎを飼う飼い主さんがマットレスをトイレ代わりにされて汚物で汚れてしまったという人もいます。

このようなとき、早めに濡れタオルでマットレスの汚れを叩いてシミ抜きに着手しましょう。次第に落ちてくるので根気よくシミ抜きを行います。

すると、次第に汚物の着色も色抜けてくるのでおすすめです。

もしも、時間がないのなら専門家に相談してシミ抜きを行ってもらいましょう。

依頼するそんなときでも時間が経過しないうちに、家庭で落とす努力もしておくとよいですよ。

濡れタオルを置くだけでもシミが移動させることが望まれます。

更年期症状を乗り切るためのマットレスの利用方法

女性には更年期障がいが訪れます。

なんでもいいので静かにベットに横にならせてほしい。。。

という気持ちは一度経験した女性にしか理解できないものです。同じ女性でも20代までの若年層と、30代以降の女性とでは経験が違うので理解できない範囲であると言えます。

同じ女性でも感じ方の違いにより自身の体調に鈍感な人もいるので女性ならみんな同じと捉えて、他人をはかることも無意味です。

ただし経験した人は口を揃えてもう大人しく寝かせておいてほしいだけといいます。

就寝時間以外にも横になる時間が多い女性に優しい寝具とは どのようなものでしょうか。

そもそも、更年期の症状は不眠、イライラ、めまい、ほてり、動悸、手足の冷え、腰痛、月経異常。。。。自律神経の乱れ、血行不良というように多岐にのぼります。

腰や背中の慢性的な痛みも若年層に比較して頻度が高くなります。

寝具に横になる時間が長いというだけではなく骨粗しょう症による骨の変形から来る腰痛もあるのかもしれません。姿勢によって痛みが変わるときは腰椎が変形している恐れもありましょう。こうした一時的とはいえない場合には早めに整形外科を受診しましょう。

さて、女性が具合の悪い時に腰痛になり横になる時に便利なマットレスが、畳の上からフローリング、ベットマットレスに絨毯の上に簡単に敷くことのできる用途の広い布団がおすすめです。

機能性は耐圧分散、極厚17センチ&5層構造(両面凹凸マット)床でもベッドでも使えることがポイント。

急に午後から具合が良くないという時にもすぐに敷くことができるものがおすすめです。

実際にベットに入ると完全に病人のようになってしまうのでリビングに強いておくと辛い時に横になることが可能です。

なぜ横になろうとしてしまうのか。。。

はホルモンの分泌が関係しているのかもしれません。

とにかく辛い、思考の停止、人に会いたくない、意欲がなく体が動きにくいなど。。経験した人しかその有様はイメージしがたい状態にまで陥ります。

ソファーでも一時的に横になることもできますが、疲れではなく体調不良はお布団で療養することに越したことはありません。

女性の更年期障がいに向けたマットレスのおすすめは、ポイント1 持ち運びができる布団であること

ポイント2 長時間横になり寝返りが少ないので体圧分散が可能なものであること。

ポイント3 フローリング、畳、マットレスと用途の多様な敷きマットレスがいいこと。

このようなポイントが家に置いておくマットレスの選び方のコツです。

人間は腰痛という宿命からは逃れられないようです

40代後半男性会社員です。私は現在腰痛で悩んでいますが、未だにこれと言った有効な完治手段が見つからず困っています。

腰痛とはも何十年と言う長い付き合いですが、出会いは高校生の時でした。

当時部活で柔道をしておりましたが、一時期怪我をして運動が出来ない時がありました。

2週間程度休養の末復帰と言う日の事でした、当日は準備運動で体も暖まったので”いざ本調子でいってみるか”と思い投げ技を掛けた瞬間に腰に鈍い音が。この時点で何が起きたかピンときた方は、私と同じ境遇の方かも知れません。

技を掛けた瞬間にギックリ腰になってしまったようで、痛みが走りそのまま暫く部活を休むことになってしまいました。

整骨院に行こうと思いましたが、体が冷えてくる痛みがどんどん増して行き、整骨院に行く時には直立するのも辛い状況でした。

案の定診察の結果はギックリ腰ということで3日間ほどは安静ということでした。それからはきちんと体の状況を見ながら運動をすることによりギックリ腰とは無縁の生活を送っていました。因みに柔道は高校から社会人になってからも続けましたが、気を付けていたおかげもあり一度もギックリ腰含め腰を痛めることはありませんでした。

しかし、仕事が忙しく残業が続くようになってからは柔道も辞めてしまい、同時に適時行っていたレクリエーションであるバレーボールやバスケットボール、スキーなどもやらなくなってからは段々と体が重く感じるようになりました。

と同時に腰を含め体の関節など筋が関係する部分に硬さを感じるようになりました。

30代になったある時に、ちょっとした荷物を持ち上げた際に高校生の時と同じように”ビキッ”という音と共に痛みが走りました。その時に感じたのは腰の骨がちょっとズレたような感覚があった事です。

5分ほどの間動けなくなりましたがそれ以来、急に寒くなったり暖かくなったりする季節には程度は違えど、ほぼ確実にギックリ腰になるようになってしまいました。さすがにこのようなツライ腰痛を毎年経験するのは耐えられないので、医師の指導のもと40代になってからはこまめに運動をするようになりました。

因みに運動はジョギング、水泳、自転車など有酸素運動をメインにし、あまり腰に強度の負荷がかからないような運動をしました。

運動をマメにするようになってからはギックリ腰の頻度が格段に減りましたが、未だにゼロにはなっていません。医師に言わせると骨と骨の感覚が年齢と共に狭まってきているのでこれからはストレッチと腰回りの筋肉強化をしていった方がいいと言うことでした。

なお、腰痛は二足歩行である人間は完全には治らないということなので、今後もうまく付き合っていこうと思っています。

あの腰痛のツラさは出来ることなら味わいたくないですからね。

腰痛について

私は中学時代空手と野球をやっており体を動かすことが大好きでした。

怪我とか恐れず何をするにも全力でした。そのせいかいきなり腰に違和感が出てきたのです。

私はすぐ治るだろうと思い病院などは行かずにずっと放置していましたが急に違和感から痛みに変わったのです。

しかもかなりの激痛で歩くのでも痛いぐらいでした。多分中学生なので体も出来上がってないですから無茶をしてしまったのでしょう。

もうそこからは地獄で歩くのも辛い、布団から起きるのも辛い、部活も辛いと散々です。

もう耐えれないと思い病院に通う事を決めて腰を治すことに専念するとともに習い事の空手もやめました。部活の野球はさすがにやめるまではできなかったのでしばらくお休みをいただくことにしました。

そこから通院の生活でしたが私の性格上じっとしているのは好きじゃないので少し痛みがひいてきたと思ったある日、家の壁に向かって野球ボールを投げピッチャーの練習を全力でしてしまいました。

もちろん病院の方からはしばらくは運動を控えてくださいと言われていたのですが、それを無視して体を動かしたいというわがままで運動を再開してしまったのです。

体を動かしていても病院に行っていれば大丈夫だろうと勝手に決め込んでました。その数日後、また腰痛が再発してしまいました。

もちろん理由は完治してないのに運動を再開した事です。正直自分が情けなくて悔しかったです。

もう少し我慢していれば大好きな運動が万全の状態で再開できたのに、怪我が再発してしまったことでまたしばらく体を動かすことは禁止されました。

むしろ今回は前よりもひどいみたいでかなりの期間運動禁止でした。

なので部活の野球もやめる事になりました。自分のわがままで大好きな運動から離れなくてはいかなくなった、そんな思いが毎日続き眠れない日が続きました。

ただ両両親から「重症とかじゃないししばらく休んだら治るよ」と言われた時は元気が出ました。たしかに一生運動ができなくなったわけじゃないし考えすぎだと気付かされた時から少し自分は変わりました。ちゃんと言われた事は守り、無茶もしなくなりました。

おかげで予定通り運動を再開でき、再び野球を始めました。

運動が始まる前と終わった後はしっかりストレッチをして、自分の体に合った体の使い方をうまく調整することによって腰痛の再発はなくなりました。

今でも野球をしているのですが腰痛の再発はありません。つねにストレッチを心がけています。

あとマッサージも通ってます。あの時の辛さをもう味わいたくないので毎日腰は大事にしています。